お知らせ

第15回地下空間シンポジウム開催のご案内 テーマ「低炭素社会と地下空間利用~そのさらなる可能性~」

2009年12月24日

 地球温暖化問題は我々を取り巻く喫緊の課題であり、平成21年9月の国連気候変動首脳会合における総理大臣演説で、日本は温室効果ガスの削減目標について1990年比で2020年までに25%削減をめざす、との中期目標が示されました。土木学会 地下空間研究委員会では、前回、第14回地下空間シンポジウムで「低炭素社会と地下空間利用」をテーマに、進行する地球温暖化と低炭素社会への転換シナリオについて認識を共有し、低炭素社会に向けた地下空間利用の意義やあり方について考えました。
今回、第15回地下空間シンポジウムでは、「低炭素社会と地下空間利用 ~そのさらなる可能性~」をテーマに、行政や学識者の方々よりそれぞれのご専門分野における具体的な取組等をご紹介いただきます。そして、会場の皆様とともに、「低炭素社会と地下空間利用 ~そのさらなる可能性~」について考えたいと思います。

地下空間研究委員会主催 「第3回 夏休み親子見学会」 開催のご案内

地下空間研究委員会主催「第3回 夏休み親子見学会」を以下のとおり開催いたします。

参加ご希望の方は、添付の「行事参加申込用紙【書式】.xls」をダウンロードし、参加者(小学生と保護者)1組につき、1枚にて必要事項をご記入のうえ、下記「申込書送付先」までFAXもしくはE-mail(E-mailの場合、同申込書を添付の上、メール件名:「夏休み親子見学会参加申込」)にてお送りください。

なお、当日の集合場所その他詳細については、参加申込締切後、各参加者宛に直接ご案内させていただきます。

申込書送付先
社団法人土木学会 研究事業課 二瓶(にへい)宛
所在地 :〒160-0004
東京都新宿区四谷1丁目 外濠公園内
FAX:(03)3355-5278
E-Mail:snihei@jsce.or.jp

参加申込締切:2009年7月10日(金)必着

第14回地下空間シンポジウムが盛況のうちに終了致しました

第14回地下空間シンポジウムは、盛況のうちに終了致しました。
ご参加いただきました皆様方のご協力に感謝申し上げます。
誠にありがとうございました。

次回、第15回は、以下のとおりで開催予定です。
詳細は、今後、土木学会誌、土木学会ホームページ、当地下空間研究委員会ホームページ等
でご案内させていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

◇シンポジウム
・日程:2010年1月19日(火)
・場所:早稲田大学国際会議場
◇現場見学会
・日程:2010年1月18日(月)
・場所:未定
                         以上

【開催ご案内】第14回地下空間シンポジウム テーマ「低炭素社会と地下空間利用」

2008年12月1日

 「地下空間研究委員会」では,健全で豊かなゆとりのある地下空間を現実のものとするために,土木工学のみならず,都市計画,建築,法律,医学,心理学,福祉,さらには芸術,経済学の分野までをも包含・総合化した“地下空間学”の確立を目指し,「第14回地下空間シンポジウム」を下記要項で開催いたします。

 このシンポジウムでは,地下空間利用に関する計画,建設,防災,維持,再生,環境,心理,空間デザイン,普及等,幅広い問題にわたり意見・情報交換を行いたいと考えておりますので,会員・非会員を問わず,多数のご参加をいただきますようご案内申し上げます。

■シンポジウム(CPD対象)

平成20年度土木学会全国大会にて研究討論会を開催しました

平成20年度土木学会全国大会にて研究討論会を開催しました。
会場にて聴講いただいた皆様、また、座長、話題提供者、委員会関係者の皆様
ありがとうございました。

研究討論会の概要は下記のとおりです。
また、当日使用しました話題提供資料を添付いたしますので、
ご興味のある方は合わせてご参照いただければ幸いです。

************************************

題 目: 「豊かで活力ある地域・都市づくりのための地下空間への期待」
       ~これからの地下空間に求められるものとは~

座 長および話題提供者:

      座   長:大西 有三(京都大学大学院 教授)
      話題提供者:松下 潤 (芝浦工業大学 教授)
            戸田 圭一(京都大学防災研究所 教授)
            和氣 典二(中京大学)
            大塚 正博(東京電力(株))

主 題:

≪地下空間研究委員会 小委員会メンバー募集≫

 土木学会地下空間研究委員会では、土木工学のみならず、都市計画、建築、法律、医学、
心理学、福祉、さらには芸術の分野まで含包、総合化し、人間中心の視点に立った“地下
空間学”の創造を目指し、平成6年度より活動を開始しました。本委員会の下に計画、防災、
心理、維持・管理・再生の大きな4テーマのもと小委員会を設置し、土木学会の内外から
委員を広く募り、3年間を一区切りとして研究してきました。この間、“大深度地下使用法”
の成立・施行など地下空間利用の新たな可能性が広がり、具体的なプロジェクトも動き始め
ました。

 このような状況の中、本委員会は、これまでの研究成果を踏まえ、喫緊の課題である地球
環境問題や高齢化社会などを考慮しながら、浅深度から大深度にかけた地下空間利用につい
てさらに研究を深めるため、引き続き本年度から3年間の予定で、以下に示す4つの研究小委
員会を設置し、活動していくこととしました。

 この4つの小委員会活動開始にあたり、本委員会の主旨に賛同し積極的に活動していただ
ける方を募集します。特に異分野の方々の参加を歓迎致します。

 参加を希望される方は、下記の要領にてお申し込みください。

ページ