お知らせ

【開催ご案内】第14回地下空間シンポジウム テーマ「低炭素社会と地下空間利用」

2008年12月1日

 「地下空間研究委員会」では,健全で豊かなゆとりのある地下空間を現実のものとするために,土木工学のみならず,都市計画,建築,法律,医学,心理学,福祉,さらには芸術,経済学の分野までをも包含・総合化した“地下空間学”の確立を目指し,「第14回地下空間シンポジウム」を下記要項で開催いたします。

 このシンポジウムでは,地下空間利用に関する計画,建設,防災,維持,再生,環境,心理,空間デザイン,普及等,幅広い問題にわたり意見・情報交換を行いたいと考えておりますので,会員・非会員を問わず,多数のご参加をいただきますようご案内申し上げます。

■シンポジウム(CPD対象)

平成20年度土木学会全国大会にて研究討論会を開催しました

平成20年度土木学会全国大会にて研究討論会を開催しました。
会場にて聴講いただいた皆様、また、座長、話題提供者、委員会関係者の皆様
ありがとうございました。

研究討論会の概要は下記のとおりです。
また、当日使用しました話題提供資料を添付いたしますので、
ご興味のある方は合わせてご参照いただければ幸いです。

************************************

題 目: 「豊かで活力ある地域・都市づくりのための地下空間への期待」
       ~これからの地下空間に求められるものとは~

座 長および話題提供者:

      座   長:大西 有三(京都大学大学院 教授)
      話題提供者:松下 潤 (芝浦工業大学 教授)
            戸田 圭一(京都大学防災研究所 教授)
            和氣 典二(中京大学)
            大塚 正博(東京電力(株))

主 題:

≪地下空間研究委員会 小委員会メンバー募集≫

 土木学会地下空間研究委員会では、土木工学のみならず、都市計画、建築、法律、医学、
心理学、福祉、さらには芸術の分野まで含包、総合化し、人間中心の視点に立った“地下
空間学”の創造を目指し、平成6年度より活動を開始しました。本委員会の下に計画、防災、
心理、維持・管理・再生の大きな4テーマのもと小委員会を設置し、土木学会の内外から
委員を広く募り、3年間を一区切りとして研究してきました。この間、“大深度地下使用法”
の成立・施行など地下空間利用の新たな可能性が広がり、具体的なプロジェクトも動き始め
ました。

 このような状況の中、本委員会は、これまでの研究成果を踏まえ、喫緊の課題である地球
環境問題や高齢化社会などを考慮しながら、浅深度から大深度にかけた地下空間利用につい
てさらに研究を深めるため、引き続き本年度から3年間の予定で、以下に示す4つの研究小委
員会を設置し、活動していくこととしました。

 この4つの小委員会活動開始にあたり、本委員会の主旨に賛同し積極的に活動していただ
ける方を募集します。特に異分野の方々の参加を歓迎致します。

 参加を希望される方は、下記の要領にてお申し込みください。

ページ