【開催案内】第 11回 維持管理セミナー -トンネル点検実務の現状と展望-

2020年10月1日

 土木学会 地下空間研究委員会 維持管理小委員会では,「地下構造物の維持管理」に関して早くから問題意識を持ち,1996年度から今まで様々な取り組みを行ってきました.そして,それらの研究成果を,広く維持管理実務の一助となることを願って,書籍(地下空間ライブラリー)の出版,地方都市におけるセミナー開催(過去10回開催)等により,外部に発信する活動を積極的に行ってきました.
 今回,その活動の一環として,「トンネルの維持管理実務に携わる技術者」を対象に,セミナーを開催いたします.今回のセミナー内容は,2018年度で一巡した,道路構造物(トンネル)に義務付けられていた5年一巡の定期点検に関する最新トピックスについて話題提供を行います.そして,それらを踏まえ,パネルディスカッションを行い,トンネル点検実務の課題,点検結果をフィードバックした措置および今後の展望について議論いたします.また,山口県における道路トンネル点検の現状と課題について話題提供していただき,地方都市におけるトンネル点検業務の今後の方向性について議論いたします.会員・非会員を問わず土木構造物の維持管理実務に携わる方々のご参加をお待ちしております.なお、本セミナーは、土木学会継続教育CPDプログラム(3.7単位)です.

■ セミナー
行事コード 542002
略称 維持管理セミナー
日 時 2020年11月13日(金)13:15〜17:00
主 催 公益社団法人 土木学会地下空間研究委員会(担当:維持管理小委員会)
後 援 山口大学工学部付属社会基盤マネジメント教育研究センター,ME山口の会,公益社団法人日本技術士会中国本部
開催方法 Zoomによるオンラインセミナー(議論参加型:Zoomへの参加,もしくは,聴講型:You Tubeライブ配信視聴)
定 員 議論参加型については先着80名
参加費 無料
講習会内容 ●プログラムおよび講師(予定):
13:15〜13:30 委員会紹介および趣旨説明
(木村 定雄:委員長,金沢工業大学)
13:30〜14:00 土木学会インフラ健康診断書(道路部門:トンネル)の概要 ─5年一巡後のトンネル定期点検結果の分析─
(林 久資:山口大学)
14:00〜14:30 定期点検要領改訂に関する解説(トンネル)
(太田 裕之:応用地質)
14:30〜14:40 休憩
14:40〜15:10 トンネル点検の新技術
(土門 剛:中電技術コンサルタント)
15:10〜15:50 山口県における道路トンネル点検の現状および今後の課題
(藏重 聡志:山口県)
15:50〜17:00 パネルディスカッション 「トンネル点検実務の課題と今後の展望」
パネリスト:太田 裕之(応用地質),藏重 聡志(山口県),土門 剛(中電技術コンサルタント),林 久資(山口大学)(五十音順)
コーディネーター:木村 定雄(委員長:金沢工業大学)
全体司会:麻田 正弘(アルスコンサルタンツ)
※講演タイトル・講演者につきましては,変更となる場合がございます.予めご了承ください.
申込方法 土木学会ホームページ「本部主催行事の参加申込」にてお申込み下さい.
申込締切日 2020年11月11日(水)

 
詳細:地下空間研究委員会ホームページ

【CPD受講証明を必要とされる方へ】
本セミナーは、土木学会継続教育CPDプログラム(3.7単位)ですが、オンラインでの開催であり、受講証明書を発行するにあたり通常の実地でのセミナーと異なる手続きが必要です。
・受講証明書をご希望される方は、必ずセミナー終了後、下記Googleフォームより取得の申請をお願いいたします。
https://forms.gle/SESYAsfncx1vCTbo6
・受講証明書を発行するにあたって、「受講証明発行用アンケート(受講して得られた学びや気付きや所見を100文字以上で記載していただく等)」をご提出していただくことが必要です。
・建設系CPD協議会加盟団体CPDシステム利⽤者は、各団体のルールに沿って、CPD単位の申請をお願い致します。
・他団体へCPD単位を登録する場合は、その団体の登録のルールに則って行われます。単位が認定されるかどうかは、直接その団体にお問合せください。

■お問合せ先
公益社団法人土木学会研究事業課 小澤一輝
TEL 03-3355-3559/E−mail:k-ozawa@jsce.or.jp   

以上

添付サイズ
PDF icon 01_開催案内.pdf187.86 KB